// Global site tag (gtag.js) - Google Analytics
WEB予約

骨粗しょう症骨粗しょう症

骨粗鬆症について

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
日本には約1000万人以上の患者さんがいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増加傾向にあります。
骨粗鬆症になっても、痛みはありません。日常生活で、転んだり、ぶつけたりなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。骨折が生じやすい部位は、せぼね(脊椎の圧迫骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)などです。
骨折が生じると、その部分が痛くなり動けなくなります。背中や腰などを骨折した場合は、背中が丸くなったり身長が縮んだりします。
からだの中の骨は一定の周期で、新たに作られること(骨形成)と溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返しています。骨粗鬆症は、このバランスが崩れることでおこり、骨がスカスカになってきます。骨粗鬆症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられ、加齢や女性ホルモンの減少によるホルモンバランスに関わりが深いと考えられています。

骨粗鬆症の検査・治療

診断はX線(レントゲン)検査でも可能です。
骨の量や成分(骨密度)を測定するためには、骨密度計やデキサ法(2重エネルギーX線吸収法)、超音波法、MD法、CT法といった詳しい検査があります

骨粗鬆症にならないためには、予防が大切です。
転ばないように注意する
カルシウムを十分にとる
ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウムをとる
適量のタンパク質をとる
禁煙し、アルコールは控えめにする
運動、日光浴をする

内服薬や注射などによる治療を行います。骨折した場合は、それに応じた治療が必要です。
閉経後の女性は、整形外科にて定期的に検診をすることをお勧めいたします。