// Global site tag (gtag.js) - Google Analytics
WEB予約

ケガケガ

けがは、何科にかかればいいの?

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。普段の生活の中でのけが、スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などによる外傷のほとんどは整形外科の疾患です。

擦り傷や切り傷をはじめ、骨折、打撲、脱臼、やけどなどといった、けが(外傷)への対応も整形外科の専門分野です。けがはその状況で治療方針が多彩です。けがをなさった際には、お早めに当院を受診下さい。細い縫合糸やテープを使用してできるだけ綺麗に傷の処置を致します。

けがの中でも、骨折や脱臼、捻挫などは、後遺症を残さない為にも、速やかにレントゲン検査を受けることをおすすめします。ケガによっては緊急に手術が必要になることもありますので、けがの専門家である整形外科の診療が必要です。

骨折や脱臼、捻挫などは、腱板損傷、肩関節脱臼、上腕骨頸部骨折、肘内障、上腕骨顆上骨折、橈骨遠位端骨折、つき指、肋骨骨折、大腿骨頸部骨折、半月板損傷、靱帯損傷、足関節捻挫、アキレス腱断裂などがあります。

身体の痛みについては、筋肉や骨の痛み、神経痛、その他と原因が考えられます。整形外科にまつわる疾患が数としては多いので、お気軽にご相談ください。
内科的な疾患を考えなくてはいけない場合は、速やかに他院への橋渡しやそのアドバイスを行います。